「表情」


にこにこ.png「表情」


「第一印象は永遠に続く印象」という言葉があります。
人との関係において、第一印象は重要な意味を持ち、初対面の人に良い印象を持ってもらうことはその後の付き合いにも大きな影響を与えます。
また第一印象は数秒で決まるとも言われているので、出会いの数秒を大切にし、お相手に良い第一印象を持って欲しいですね。


では、人はどのような部分から第一印象を抱くのでしょうか?


「第一印象の半分以上が表情から」

初めて会った人の印象を形成する一番の決め手は目から入る情報です。
交わした会話の内容などは
ほんの僅かな部分にしか過ぎないと言われています。
約60%が表情・しぐさ・服装などのいわゆる視覚に訴える部分で、
約40%は声の響きやトーンという聴覚からの印象だと言われています。
ですから、初対面の段階でお相手に良い印象を与えるためには、人として培ってきた個性や能力よりも、表情や身だしなみといった外見的要素がかなり重要な役割を果たします。


「素敵な笑顔がポイント」

第一印象を左右するだけでなく、日常生活の中で人と接する上でも、表情は大切な要素です。
なかでも「笑顔」はお相手に対する思いやりや優しさを伝えたり、お相手の心を和ませる力があります。
人は笑顔の相手には「親しみやすい」「話しかけやすい」と感じます。お相手に良い印象を与えるためには笑顔が一番です。

〇目が優しいこと
 一見、笑っているように見える写真でも、口元を隠すと目が笑ってないことがあります。
 どれだけ笑顔を浮かべていても、目が冷たいとお相手に温かさは伝わりません。まず優しい目で微笑んでみましょう。

〇心を込める
 「作り笑い」はすぐに見破られてしまいますし、心が込められていない笑顔は逆にお相手に不信感を与えてしまいます。
 お相手の表情は自分の表情を映す鏡と思って、お相手を見つめてみましょう。
 あなたが笑顔なのにお相手が不快な表情をしていたらあなたの笑顔は本物ではないかもしれません。
 笑顔は「目」「口」「心」で作るものです。
 そして「優しい心」「温かい心」を表すものです。
 一番大切な「心」を忘れないようにしましょう。


自然な笑顔は練習から

〇鏡を見て自分の表情を知りましょう
 自分は人の目にどのように映っているのかを意識して鏡を見てみましょう。
 その際、特に「無意識の表情」に注意します。
 「無意識の表情」=「真顔」が柔らかく、優しい人は良い印象をもたれます。

〇鏡に向かってほほ笑む
 笑顔にも様々なパターンがあります。
 自分の笑顔をよく知って、意識しなくても自然な笑顔が出るようにしてみましょう。

〇口角が上がっているかチェックする
 「口角」が上がった状態が「笑顔」です。
 常に「口角」が上がっている表情を心掛けましょう。

〇口元を隠してみる
 口元を手で隠したとき、鏡に映るあなたの目は微笑んでいますか?
 「目は口ほどにものをいう」と言われるほど、目の表情は顔の表情を大きく印象付けます。

〇お相手の目を見て微笑む
 お相手の目を見て微笑んでからお声をかけるとより良い印象を抱いてもらえるでしょう。




この記事へのコメント